読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

naichi's lab

3日後の自分(他人)への書き置き

【unity】WebGLビルド方法

f:id:naichilab:20170429141038p:plain

概要

unityroom へアップロードするための、WebGL形式でビルドする方法をまとめておきます。

環境
  • Unity 5.6.0f3

Unityのバージョンによって、ビルド後に出力されるファイルに若干の違いがあります。 その辺りは読み替えてください。

手順

1. ゲームを作る

千差万別なので割愛。好きに作ってください。

この記事では、サンプルとして公式チュートリアルの Tanks! Tutorial をインポートした状態で説明します。

f:id:naichilab:20170429120839p:plain

2. プラットフォーム切り替え

File -> Build Setting を開きます。

f:id:naichilab:20170429120929p:plain

WebGLを選択し、Switch Platform を押します。

f:id:naichilab:20170429121058p:plain

WebGLの横にUnityのアイコンがつけば切り替え完了です。

f:id:naichilab:20170429121216p:plain

3. ビルド対象シーンを追加

Build Settingの画面で、ビルド対象となるシーンを選んでおく必要があります。 複数のシーンを作った場合は、忘れずに追加しておきましょう。

f:id:naichilab:20170429121607p:plain

4. ビルド実行

Build Settingの画面で、Build もしくは Build And Run を押します。※それぞれの違いは後述

f:id:naichilab:20170429121721p:plain

保存フォルダ名を決めて実行

f:id:naichilab:20170429121905p:plain

かなり時間かかります。規模によると思いますが数分はかかるかも。

f:id:naichilab:20170429122005p:plain

Build

ビルドのみを行います。ビルドに成功すると、ファイルが出力されます。

  • 注意
    • 出力された index.html をそのままブラウザで開いても実行できません。
    • これはブラウザセキュリティの関係でローカルファイルを読み込めないため。
    • 実行するためには次の Build And Run を行うか、unityroomなどのWebサーバーにアップロードする必要があります。
Build And Run

ビルドと実行を行います。 ビルドに成功すると、ファイルが出力され、さらにブラウザで実行されます。

  • 出力されるファイルは Build と同じです。
  • Unityが簡易Webサーバーとなり、ブラウザで開いてくれるので、実行まで確認できます。
  • 動作確認までまとめて行いたい場合はこちら。

ブラウザで実行された様子 f:id:naichilab:20170429125048p:plain

5. 出力されたファイルの確認

Build ( Build And Run )時に選択したフォルダに、下記ファイルが出力されます。

f:id:naichilab:20170429125235p:plain

出力されるファイルは、Unityのバージョンにより多少異なります。

どうしてもビルド失敗する場合

所感ですが、WebGLビルド、まだ安定していないような感じがしています。

Building native binary with IL2CPP で必ず落ちる。といった人もいるようです。

https://forum.unity3d.com/threads/webgl-always-gets-stuck-building-player-building-native-binary-with-il2cpp.466196/

ビルドエラーがどうしても解決できない・・・って人は下記方法もお試しください。

blog.naichilab.com

まとめ

WebGLのビルド方法は以上です。

ビルドしたファイルをunityroomへアップロードする方法については下記記事をご覧ください。

blog.naichilab.com